無添加住宅

自然素材にこだわった家|安心して住める無添加住宅

健康的な家づくり

快適に長く暮らせる住まいのために、建成ホームができること。
それは、住む人の健康を一番に考えた家をつくること。

無添加住宅は、シックハウス症候群や喘息、化学物質過敏症などの原因となる、
化学物質を含む新建材などを使用していません。

建材には、自然素材を使っています。
例えば、木材の防腐・防虫・防カビ剤・防水・塗料として「柿渋」と「塩」。
接着剤には「米」と「にかわ」に「ぎんなん草」。
壁の「しっくい(漆喰)」の成分はカルシウムで、たとえ口にしても害はありません。
しっくいは空気を浄化する作用や調湿作用もあり、いつもおいしい空気を保てます。

食べられる素材でできている家は、安全の証。
健康に、そして環境にも配慮した住まいです。

健やかに暮らす

日本の住宅の平均寿命は26年。化学合成接着剤が20~30年で劣化し、結果的に接着剤の寿命が住宅そのものの寿命につながっている現実があります。

私たちは、古くから受け継がれてきた技を活かした天然素材の建材を使い、健康にも環境にも配慮した「無添加住宅」にも注力しています。

合成化学物質・化学建材を使わず、木チップや羊毛などの断熱材などをつかった身体に優しい住まいは、家族の健康を守り、長きに渡り安心して暮らせます。住むほどに味わいを増す家。それが無添加住宅なのです。

そして健康面はもちろん安全性も大事な要素。こだわりの工法と確かな技術力、先進のテクノロジーで、優れた耐震性の構造を実現しています。

無添加住宅オフィシャルサイトはこちら

このページの先頭へ